So-net無料ブログ作成

永青文庫 [東京散歩]

洪積台地の目白台から神田川へ下る南向きの斜面に細川家の下屋敷があった。
ブラタモリ流に言えば、ちょうど良い高低差!

さすが文京区、自転車もオシャレ!

IMG_6847.jpg


相続税で物納された田中邸の跡地の公園の先、(今でも和敬塾はあったので、相変わらずコイバナがたくさん咲いている事だろう)永青文庫が細川家の宝物を管理している。
辺りは、関口芭蕉庵もあり、一面の緑。

IMG_6849.jpg


IMG_6850.jpg


お嫁入りの長持ちなど素晴らしかったが、お茶道具は出ていなかった。(茶道具展で巡回中かも)
明治以降も日本の教養の水準をキープして来たジェントルマンのご一族なのだ。
幽斎氏、三斎氏を特集した冊子をゲットした。

細川庭園としてお庭が解放されていた。
台地の崖の其処此処に水が湧き、神田川の向こう岸には甘泉園とお庭が多い。

IMG_6863.jpg


IMG_6866.jpg


雑司が谷から歩き、西早稲田から帰宅した。
久しぶりの早稲田界隈だった。



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

conta

幼少期、今の東京カテドラルの近所に住んでおりましたので懐かしい場所です。 胸突坂を下って早稲田中学に通っておりました。
by conta (2017-07-10 20:22) 

selybar

contaさま>ご訪問頂きありがとうございます。
私は六義園をぐるっと回って通学してました。こっそり木登りしたお転婆な思い出があります。
田中邸跡など少し整備されてますが、地形は同じです。
今は荒川線だけ残ってますが、昔は大きい通りには都電が走っていましたね。

by selybar (2017-07-17 23:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。