So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

そうだ、西安へ行こう!阿倍仲麻呂 [地歴]

市内の興慶宮公園に碑が立っていた。

IMG_3068.jpg


「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」
百人一首の歌だが、阿倍仲麻呂(698年-770年Wikipediaより)は遣唐使に選ばれて唐に渡り、船が難破して帰国できずに、日本へ帰ることなく没したと習った。
学問を修め、科挙(未だなかったかな?)に合格し、唐の官吏となって出世したらしく、
有名な詩人の李白とお友達だったようだ。すごい!
写真では分かりにくいが、碑には、「天の原 ・・・・・」の漢詩バージョンが左面に、
阿倍仲麻呂が乗った船が難破したと聞いて、嘆き悲しむ?李白の詩が右面に彫られている。

IMG_3075 (1).jpg


IMG_3073.jpg


船が難破し、海を渡ることが大変だったと聞いていたが、中国大陸へ上陸した後、長安までも遥かな旅路だった事だろうと思い至った。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

そうだ、西安へ行こう! 三蔵法師 [地歴]

西安は、中国のほぼ真ん中に位置する。何度か国の中心になった。
長安と呼ばれた時代があった。

IMG_3276.jpg


大雁塔:大慈恩寺
隋の後、唐の時代、玄奘三蔵法師は629-645年(世界史年表による)インドへ出かけ経典を持ち帰り、こちらで翻訳して大雁塔に納めた。
日本は、大化の改新?

IMG_3264.jpg


大雁塔に登り、最上階からの西安の街

IMG_3311.jpg


西安からシルクロードが始まる。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

そうだ、西安へ行こう! [旅]

遅くなったが、2月に出かけた西安の備忘録を忘れないうちに、、、
帰宅してから、すぐに横山光輝作「漫画 三国志」30巻を読み、さらに3人目の孫の出産などがあり、忘れてしまいそう。

上海と北京しか中国を知らないが、黄河と揚子江それぞれの上流への興味が尽きず、ずーっと行ってみたいと思っていた漢中原(かんちゅうげん)、格安パック旅行「西安」に一人参加して出かけた。

「兵馬俑」「玄奘三蔵法師」「阿倍仲麻呂」「空海」と。

安いパックなので、上海乗り継ぎで行きに1日、帰りに1日かかり、中2日の観光となった。

夜に西安の飛行場に着き、バスで市内のお宿まで行く途中、「渭水です」とガイドさんが言うので窓外を見ると、バスは橋の上を走り河を渡っている、暗い中遠くに岸?が見える長い橋、大河だ!
おもむろにバッグからスマホを出して、写真を撮ってみた。十分間に合った。
でかい!

IMG_2898 (1).jpg


お宿は、城壁の西面のすぐ城外だった。

翌日は、早速「兵馬俑」へ
西安は北に渭水、南が秦嶺山脈の間にある。

IMG_2919.jpg


アメリカの様に、何でもでかそうだ!河も平野も山も?

IMG_2930 (1).jpg


IMG_2966.jpg


大きな体育館の様な建物に番号がつけられ何棟かあり、発掘、展示、研究、修復や博物館となっていた。
さらに未発掘の遺跡が埋まっている様だった。

上野の博物館での展示があった時に見た?どこも壊れていない完全なまま出土した兵士像、履物の靴底の滑り止めのパターンが爪先と踵で変えてある芸の細かさ!

IMG_3021.jpg


近くにある始皇帝陵

IMG_3062.jpg


IMG_3063.jpg


これらが、紀元前221年秦の始皇帝が天下を統一したと年表にある、日本は縄文か弥生か。

保存を研究しながら、慎重に発掘を進めるのだとか。
まだまだ、発掘すると色々出てきそうだ。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

釧路から東京へ [思い出]

2018年7月に釧路で恩師を囲む会があり、出かけた時の事

マイルが往復にちょっと不足だったので、片道をJRに乗ってみようと思った。
新幹線もできた事だし、何せ青函トンネルを通った事がないのだから。
青函トンネルがメインとすると、帰途をJRにして旧青森駅まで明るければ、後は東京までその日のうちに帰宅できそうなので、往きが飛行機 帰りがJRと固まった。

釧路08:23→20:32東京(こちらなら青森は絶対日没前)
釧路11:24→23:04東京
2本もあります。隔世の感!

小学2年生の時に、祖父の葬儀で釧路から鉄道で上京した旅(上野まで2晩かかりました)の追体験をしてみたかったのだ。
そうなのです、「まりも」という夜行でした。
小2年の7月初旬の朝、「チチキトク」という電報が母へ届きました。
学校へ行っておいで、と登校しました。
帰宅後、夕方には「チチシス』の電報が届きました。
まだ、釧路に飛行場はなく、千歳まで行っての飛行機でした。
母と前年11月に生まれた弟だけでも飛行機でと手を尽くしたようですが、もう亡くなったからみんな一緒に鉄道でと父母、小2の私、幼稚園の妹、7ヶ月の弟の家族5人で「まりも」の2等車で出ました。
寝台車は、今日の今日で、全員分は取れませんでした。
父と小さい兄弟が寝台車で、私と母は2等車の座席で。

ウトウト寝入り、気がつくと汽車は停まっていて、辺りは明るくなっていました。
「フラノー、フラノー」と聞こえました。
母が、「狩勝峠を越えたのよ」と話してくれました。
初めて富良野に出会いました。
その後、富良野はどんどん有名になりましたが、私には狩勝峠を越えた富良野のままでした。
機関車の付け替えか何かで?結構長い間停車していた記憶があります。すっかり夏の夜は明けて気持ちの良い朝になっていました。
そして、そのまま根室本線から函館本線を通り、夕方函館に着きました。
青函連絡船で4時間?青森から又夜行に乗り、翌朝、上野駅に着きました。

まだ、7ヶ月の弟と幼稚園児の妹と小2の私を連れての2晩がかりは、ありったけのオムツを持って両親はさぞや大変だっただろうと思います。
弟は、東京に着くとすぐにアセモまみれになりました。
なぜか、帰り道の記憶は無いのですが、60年前の昭和のお話です。
平和でこうだから、難民さん達には本当に胸がつまります。
これが、今ではJRで12時間で走る!夢の様です。

今回の旅の私の密かなミッションでした。

みどりの窓口のお兄さんにも、「すっと乗って長いですが、大丈夫ですか?」と言われました。
鉄男君の長男にも、同じ事を言われましたが、ヨーロッパやアメリカに行く飛行機は同じくらいかかり、しかも狭い座席で立つ事もできないから平気!窓の外を見てれば時間はすぐ経ってしまうよ!

懐かしい思い出と共に、そんなJRの車窓にしがみついての帰京となった釧路行きでした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポルトガル旅行 [旅]

3月になり、旅の達人の友人が誘ってくれたポルトガル旅行へ出かけた。
何から何までお任せの旅行で、たいして準備をしないうちに出発の日が来てしまった。

乗り継ぎのフランクフルト空港では、チェックが厳しいような気がしたが、何とか夜遅くリスボンへ到着して泊まった。

歳のせいにはしたくないが、あまり覚えていなくて逐一時系列で記録する気になれず、印象に残っている所だけを記す。

まず、西岸海洋性気候でこの春はヨーロッパは寒波が来ていたようだ。
雨がよく降るし、降ったり止んだり。

バス移動の車中から見た国土
海岸から少し内陸の緩やかな丘陵地帯に道路が作られていた。
バスで北上し、コインブラ1泊、ポルト2泊、バスで南下してリスボン2泊した。
イベリア半島内部から大西洋に流れ出る川は概ね東から西へ向かって流れ、それらの大小の谷を通りながらの旅だった。

オビドス
王様がお后様にプレゼントした領地。代々の后達がある程度の力を持っていたとは良い国だ!

IMG_4191.jpg


IMG_4218.jpg


IMG_4222.jpg


ファティマ
20世紀に奇跡が起こった聖地

IMG_0268.jpg


コインブラ

河岸段丘の上に拓けた古い大学の街で、対岸にある英国で言えばマナーハウス?の様な貴族の館跡の見た目クラシック、設備モダンなホテルに泊まった。
良いお宿だった。

IMG_0338.jpg


ガイドさんが留学していたという古いコインブラ大学を見学した。

口頭試問の行われるホール、図書館、お仕置き部屋、、、学生さんの勉強漬けの毎日を思い巡らした。

IMG_0368.jpg


IMG_0370.jpg


IMG_0384.jpg




ポルト
河口にある古い都で、良港の街。
川の谷が深く、あの鉄とガラスの時代(エッフェルのお弟子さんの設計とか)の橋梁が架かって、素敵な街だった。
上は鉄道、下は道路

IMG_0526.jpg


IMG_0521.jpg


IMG_0540.jpg


ここのカテドラル前には帆立貝の印があった。イエズス会関連で長崎の聖人も祀ってある教会もあった。鉄道駅はアズレージョと呼ばれるタイルの装飾壁で囲まれ、歴史の物語になっていた。

IMG_0489.jpg


IMG_0495.jpg


対岸には、ポートワインのワイナリー工場が並んで見える。

IMG_0454.jpg


IMG_0543.jpg


IMG_0552.jpg


お宿は、新しい街のサッカー場の隣。

IMG_0571.jpg


とっても素敵な街だった。


サンチャゴ・デ・コンポステーラ

2010年に出かけたオランダ・ベルギーへの旅行
その時、オランダからベルギーへ入った。
ベルギーでは、どの町でも大聖堂カテドラルの回り帆立貝の印が舗道の敷石の間にあった。
このマークを辿ってお遍路さんのようにスペインの聖地サンチャゴ・デ・コンポステーラまで歩くと知った。

IMG_0669.jpg


歩き遍路とはいかず、ポルトからバスで飛ばし、まず、モンテ・ド・ゴソへ
バスから降りた途端に、冷たい強風に煽られ、降雨も雨から雹へと、上下の雨具で覚悟していたが、真っ直ぐに向く事も出来なかった。

IMG_0638.jpg


巡礼者の像までは行ったが、サンチャゴの町も聖堂も何も見えず。

バスに引き上げ、旧市内へ入ると晴天!虹が出てもおかしくない様な、、、これも奇跡?
カテドラルと門前町をゆっくりと見学した。

IMG_0671.jpg


IMG_0724.jpg


聖ヤコブ像にハグして世界の平和と心の安寧を祈った。

IMG_0730.jpg


ロカ岬

ユーラシア大陸最西端のロカ岬は、眩しい晴天だった。
風が吹き、大波だった。

IMG_0810.jpg


ここから遥か西の海の彼方にあのニューヨークがあるのだと、リンクが繋がった。
子供の頃、釧路の新富士海岸で太平洋を眺めながら、この海の東の彼方にアメリカ(サンフランシスコ)があるのだと思っていたっけ。
1975年に初めてヒースローで大西洋線の案内板を見て、(コンコルドが飛び始めた頃)ロンドンーニューヨークは近いのでは?と思った事など思い出された。

IMG_1081.jpg


IMG_1074.jpg


この大海原へ大航海時代のポルトガル人達は乗り出していったのだ。
1日中、ぼんやりしながら眺めていたい様な素晴らしい場所だった。


リスボン

出発前にポルトガルについて泥縄のにわか勉強してみたが、種子島に鉄砲伝来し、その後は宣教師達の布教があり、、、で行き詰った。
カテドラルも教会も行ってみれば、イエズス会、殉教者などあるにはあるが、圧倒的にすごいのがブラジルのミナスジェラエスで産出され運ばれたという金、黄金だった。
金泥で厚く飾られていた。

IMG_0903.jpg


IMG_0822.jpg


IMG_0920.jpg


ご本山のローマからは離れているし、イタリア人、スペイン人、ポルトガル人が冒険に乗り出す時に各宗派や各王室などがスポンサーの一つだっただけで、「欲望の経済史」(Eテレ)よろしく大航海に乗り出したたくさんの人がいたのだった。
そのブラジルを、あっさりと手放し独立させたというポルトガルだった。

IMG_0879.jpg


アラベスクな雰囲気もある。

ファド
日本の演歌のようだと聞いていた。
以前にテレビで見た時には、恨歌、怨歌、、、の様な暗く迫力のある歌だった記憶があった。
観光客向けのショーへ連れて行ってもらった。
確かに、服装は黒、照明もあまり明るくはない。
しかし、意外にもリズムっぽかったりして、そんなに暗い感じがしなかった。
言葉が全く解らないので歌詞の意味は不明だが、もしかしてこれは、恨み節ではなくて人生を肯定する応援歌なのかもしれないとフト思った。

リスボンの街は、大河テージョ川の河口に近い川の港で、川に向かって緩やかな丘から坂道が下っていた。
大航海時代から、この港から世界へ向けて貿易(場所の移動による富の創出?)が盛んに続いていた。
トラムが路地を登り下りしながら軒先をかすめる様に走っていた。
お宿は闘牛場の前だった。

IMG_1220.jpg


IMG_1173.jpg


IMG_1054.jpg


IMG_1205.jpg


IMG_1039.jpg


ポルトガルといえば、サッカー(私はモウリーニョ監督のファン)くらいしかピンとこないが、スペインの隣にあって、それぞれ独立した歴史のある所だった。




nice!(5)  コメント(0) 

今年の冬 [日記・雑感]

雪が降った。
道路もなかなか溶けないで、凍っている。

STAR WARS を観た。
自分も充分に年をとったが、素敵に年をとられたレイヤ姫とルーク・スカイウォーカーが老体をおして動いていた。
レイヤ姫の役者さんは、この撮影の後亡くなられた。

自分の人生を確認する様に、通過儀礼の様にスターウォーズを観続けてきた。(後述の読書の影響による表現)

次に、「おらおらでひとりいぐも」を読んだ。
エッ、私の事見ていて書いてくれたの?と思うほど、一々その通り!と共感しつつ大切に読んだ。
全編を音読した。
いがった。
独りでいる事の引き受ける責任と自由な開放感、楽しんでいられる幸せに感謝です。

そんな風に冬の時間が過ぎて行く。

IMG_7621.jpg


nice!(2)  コメント(0) 

幸せな時間 [日記・雑感]

3Dプリンターで小品が作れる事が分かり、ひと段落。
その後、岡田准一君の映画のCMを見て、遅まきながら司馬遼太郎の「関ヶ原」を読んだ。
上・中・下3巻あり、図書館でのタイミングもずれて1ヶ月以上かかった。
目も疲れ一休みの後、今は編み物をしている。
好きな音楽を流し、ひとり居間でストーブの前にどっかりと座って(ロッキングチェアーではありませんが)、老眼鏡をかけてセーターを編んでいる。
ああ、憧れのおばあさんの風景だわ。
なんて幸せな時間を過ごせているのだろう、ありがたい。
いろいろな事をあれこれ思ったり、思い出したり。
世界は、ザワザワして心も言葉も通じないまま、一方的に引っ掻き回されている感があるが、このひと時をありがたく享受しよう。

IMG_7520.jpg


心の向くまま、風まかせに興味に従って生きる事が許されている。
気がつけば、一人のわがまま暮らしにすっかり慣れ親しんでいる、感謝!


nice!(3)  コメント(0) 

収穫 [日記・雑感]

気持ちの良い秋風の吹く毎日が続く。
実り多い?1週間だった。

池尻中学校の旧校舎跡にあるIID世田谷ものつくり学校(https://setagaya-school.net/)
にある
FabLab Setagaya at IID (http://fablabsetagaya.com)
の工房(3Dプリンター、3Dスキャナー、レーザーカッターなど)へ2週連続で通って、念願の茶托の試作品を作ることができた。



3Dスキャナーでデータを作ればできるのではと思ったが、モデルの形状の厚みが薄く、更に光ってしまい、先週は不調に終わった。
仕方がないから、Fusion360というソフトで作図してデータを持参した。
1日がかりの仕事と覚悟を決めて出かけたが、ファイルがスムースに開き、あっけなく47分で完成してしまった。
とりあえずできる事が分かった。trial1

更に厚みを薄くして製図してみたら、とか、球面サーフィスを平面と楕円で切り取ってみたらとか次々に???が続く。薄くしたら強度は?
ABS樹脂ではなくPLA素材だとどんなものか?
着色は?
仕事ではなく、締切もないとなんだかそれも楽しい。

IMG_7184.jpg


IMG_7188.jpg


IMG_7186.jpg


茶碗は、日展に通る従姉妹が焼いてくれたものだ。
利休さんの様にさっと竹を切って一重切り花入を作ったりはできないが、自分のできる事で、楽しめる。

そして、今日の収穫は、茗荷とローレル、美味しい事はなんでも嬉しい。

IMG_7182.jpg


秋を楽しんでいる。

nice!(3)  コメント(1) 

感謝 犬養道子さん [思い出]

この夏、高齢でいらした犬養道子さんの訃報が流れた。
大きな影響を受けた方、ご冥福をお祈り致します。

最初の出会いは、学生時代、母が定期購読していた「ミセス」と言う雑誌に連載していた「私のヨーロッパ」。
毎月、楽しみに読んだ。
分かりやすい文章で、Rationalismに興味を持ち始めた私にこんな方が活躍なさっているのだと、憧れた。
小さい国々が、独自の言葉を守り、国境を決め、それぞれの文化を大切にしながら、互いを尊重するヨーロッパをキリスト教を含めて書かれていた。
今になれば世界大戦を経てECから始まりEUとなりリアルタイムで経験した現代史があるが、1960年代の十代の私はなるほどそうか!と思わせられた。
高校の倫理社会の時間に、1年間ベーコンとロックの話ばかりして下さった先生がいらしたが、その後のヨーロッパ大陸での歴史のつながりの今(当時)があった。
その後、資生堂の今でいうフリーペーパー?「花椿」の塩野七生さんのイタリアについての連載が毎号楽しみだった。自分と大して年が違わないのに、一家言持ってるすごいお姉さんだと。
こんな風に私の西洋史観は作られ始めた。

二人目の出産の後に初めて読んだ活字が、犬養道子著「人間の大地」だった。
直前まで夫の赴任先のヨルダンで、砂漠の中のガレキの捨て場?と思ったら難民キャンプだったりなどびっくり経験していたので、母乳が不足してきた時に安心して粉ミルクを飲ませられる国での子育てがありがたかった。
子供たちが成人するまで20年間UNHCRみどり一本に寄付を続けた。
最近は、難民さんが大変なので、難民さんの緊急援助にしている。
生きるには喜びとか希望が必要なので、食べ物だけでなくボール1個でもハーモニカ1本でも子供たちにあると良いとか、気まぐれの100万円より確実な毎年の1万円の寄付が良いとか学び、古着と一緒にスペリオパイプを入れたりした。

最近は東北の震災があり、熊本地震が続いた。
毎日すべき事を同じ様に続ける事ができる平和のありがたさ。
自分の荷を担ってしっかり生きていける様、大きな教えを頂いた。

ありがとうございました。

そして、今朝、テレビでJアラートが表示された。
キナ臭い。
狭い庭には、今朝も穏やかな時間が流れている。
平和を祈念する。

IMG_7063.jpg




nice!(8)  コメント(1) 

沢田教一展 [巡礼]

沢田教一展へ行ってきた。

ベトナムだけでなく青森の写真もあり、当時の北の浜や空の空気感が懐かしかった。
ふと、亡くなられたこぎんさんを思い出した。
ベトナムは、去年秋のダナン・フエ・ホイアン旅行の後だったので、フエの王宮の攻防など「彼処だ!」と思った。
そして、弾の跡が残る壁と焼けてしまって原っぱになった場所を思い出していた。
ヘリコプターの編隊の写真があったが、特等席で撮っている!


今は中東の難民さんだが、インドシナ難民(ボートだったり陸路だったり)となり避難先で勉強し、しっかり仕事をして、リタイア後にベトナムへ帰国する人達もいるようだ。
一世代30年の時間が進んだ。
日本の私達は敗戦国の戦争を知らない子供達だが今や高齢者群となり、ベトナムは勝った戦争を知らない子供達がちょうど社会の中堅となって若い人達が多く明るく成長している。
30年前の日本も元気に見えた事だろう。
10年近く前、ホーチミン(サイゴン)へ行った時より一段と発展している。

出口のグッズ売り場で、近藤紘一氏の本が売られていた。
1986年頃彼の著作を読み自分の中で、ニュースが現代史になった事を実感したものだった。
年を取った。

IMG_7064-(2).jpg


昨年、奥様のサタさんが、ホーチミン(サイゴン)を再訪なさったようだが、私も中東が落ち着いてお婆さんが一人でヨルダンへ出かけられる平和な日が来たら、行ってみよう。


nice!(4)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。